カードローン 会社

カードローン講座

カードローン講座 カードローンを便利に利用するために必要な基本的な内容を紹介!

運営会社で違う「銀行」と「銀行系」カードローン

小口融資といえば、主流は消費者金融からの融資というのが一般的でしたが、現在はCMなどの訴求効果もあってか銀行カードローンが主流となりつつあります。
但し細かく見ると“銀行”といっても系がつくものとつかないものという形で
切り分けることが可能です。
本ページではカードローンの細かいところを噛み砕いて案内します。

「銀行カードローン」や「銀行系カードローン」の違い

銀行カードローン

銀行が直接運営をしているカードローンということになります。
銀行が一から立ち上げたローンというのもありますし、
既存の消費者金融を完全子会社化することによって、
それを「銀行カードローン」に仕立てるということもできます。

銀行系カードローン

銀行グループの会社や、提携関係にある消費者金融会社などが
運営をしているローンということになります。
最近の銀行というのは、まずは持ち株会社を作って、
そこに複数の会社を入れるという方式が多くなっております。
その複数の会社の中でも中核的な役割を果たしているのが、銀行。
そのほかには、信託部門や投資部門といった複数の会社があり、
そして消費者金融もあったりします。
銀行以外の企業が運営しているのを、銀行系カードローンというのです。

総量規制の対象、対象外?

運営母体がどこであるのかという違い以外にも、
「銀行」と「銀行系」のカードローンには違いがあります。
それは、総量規制の対象か対象外かということです。
総量規制の対象になると、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
しかし、「銀行」と「銀行系」のいずれかは、総量規制の対象外ということになります。
どちらかというと、それは「銀行」カードローンです。
銀行というのは、銀行法のもと業務を行い、
銀行系は貸金業法のもとで貸付を行っています。
総量規制は貸金業法の規制なので、銀行カードローンの場合には、
総量規制の対象外となっているのです。
ただ、その分審査も厳しいのが「銀行」ではありますが。

COPYRIGHT© 2013 カードローン講座 ALL RIGHTS RESERVED.