豊胸バッグを除去してすっきりしました

自分が想像していたよりも簡単だった

ただ、効果の持続期間が1年から2年ほどだということだったので、もし芸能活動をしていて胸の大きさに違和感を感じられたら困ると思い、ヒアルロン酸注入の方法はやめることにしました。
その他の方法として、シリコンバッグという豊胸バッグを入れる方法と、自分の脂肪を取り出して注入する方法があることがわかりました。
脂肪注入する方法は永久的に豊胸効果が持続し、自分の体から取り出した脂肪を注入するので安心だと思い、強い興味を持ちました。
しかし脂肪注入する手術は、脂肪を抽出する時にも費用がかかってしまうので、高額な手術費用になることがわかり、諦めざるを得ませんでした。
そこで残った豊胸手術の方法として、豊胸バッグを入れる方法を選ぶことにしました。
シリコン素材でできているので、触るとばれる可能性があるものの、見た目には自然で綺麗な仕上がりになり、効果も永久的に持続することが期待できるということでした。
それに手術費用が自分がアルバイトをして貯めたお金の範囲内でおさまることがわかったので、豊胸バッグを入れることにしました。
手術が1時間半程度で終わり、その日のうちに帰宅することができ、通院するだけで良かったので、想像していたよりも簡単だったと感じました。

芸能界に入りたくて豊胸手術を受けた | 自分が想像していたよりも簡単だった | 芸能界を諦め、邪魔な豊胸バッグも取り除いた

豊胸バッグ 抜去 : 豊胸手術(脂肪注入法)について